Menu

どろあわわは、使い方を間違えると効果が得られません。正しい使い方は? 2016年9月17日

泥泡洗顔ができると話題になっている洗顔料の「どろあわわ」。2つ泡成分を配合しており、もっちり泡で洗顔をすることができます。しかし、使ってみた人の口コミは、「効果を感じられた」という声と「効果なし」の声が両方あることが見受けられます。効果をあまり実感できなかった人は、使い方を間違えているかもしれません。ここでは、どろあわわの正しい使い方をご紹介します。

●どろあわわの効果を発揮させる2つのポイント
どろあわわの効果を実感するためには、①泡の分量、②洗顔方法、の2つがポイントです。

<泡の分量>
まず、泡の分量は2〰3cmにすると、もっちり泡を作ることができます。そして、この泡を作るときは必ず専用ネットを使用しましょう。まず、ネットに水を含ませ、どろあわわを2〰3cm出します。ネットを丸めるようにして泡立てます。泡ができ始めたら、ネットの根元から絞り出せば、もっちり泡の出来上がりです。この分量より少なかったり、水分が多かったりすると、もっちり泡にならず、洗顔するときにお肌を傷つけることになります。

<洗顔方法>
顔全体を優しくなでるように洗顔します。このとき、①Tゾーン、②頬とあご、③目元、④口元、の順番で、手が顔に触れないように泡を転がすように洗うことがポイントです。洗顔後は洗い残しのないように、しっかりすすぎましょう。このステップを、朝と夜2回行うようにします。

どろあわわの正しい使い方を知らなかったという人は、ぜひ試してみて効果を実感してみてください。